日本のロック金字塔 昔

日本のロック金字塔 昔

70年代から一気に多様化した日本のロックシーン。コラムニストらによってカテゴライズされてきてはいるものの、「日本一のバンドといえば?」という問いに対する答えは様々であり、結局は好きずきなことがわかります。ここでは昔と今に分けて二つのバンドを紹介していきます。

フォークロックバンドのレジェンド はっぴいえんど

「日本語ロックの先駆け」といっても過言ではないバンドです(詳しくはここをチェック) 。1970年代当時のアンダーグラウンドシーンから生まれたはっぴいえんどは、細野晴臣(ボーカル、ベース、ギター、キーボード)、大瀧詠一(ボーカル、ギター)、松本隆(ドラムス、パーカッション)、鈴木茂(ギター、ボーカル)からなる4人組バンドです。